ランキング参加しましたヽ(´-`)ノ キーワード: チュキネコ冒険記 テレビ!
>mamatotto  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   

ぼんくらはおもすろいな

NHK木曜時代劇。今日第四話 これから始まるって宣伝みてもさして面白くなさそうだった。
原作みやべみゆきはなんの価値も見出せない、いや!みやべみゆきの原作でおもすろいのは多数ある!
しかしなんでもかんでもみやべみゆきで出してきたため当たり外れも大きい。だから原作で謳っても
特に興味は惹かれない。 がさすがみやべみゆきといったとこか!
特に戦いもない、チャンバラが無い時代劇、一応ナゾかけというかそういう話にはなっていくのだが
1話形式で終わるでもなく、なんていうか説明しずらいおもすろさなんだよなあ
岸谷五郎のちゃらんぽらんいいかげん同心がまたいい味だ!
スポンサーサイト
   

毎週黒田かんべえみてるがやっぱNHkだよなあ 前

本能寺の変あたりからおかしいな、それまでのカンベーの半生しらないってものあるけども。
まず斉藤帰蝶、、、濃姫のことですが、本能寺で一緒に死んでたけど、父斉藤道三が死んだ後は
消息が分からないらすい。道三が死んだのが1556年、本能寺の変が1582年 
めっちゃ前から消息不明やないかい! 

かんべーの一言「今こそ天下を取る好機ですぞ」
秀吉はそのまま言いなりみたくなってたが、実際は秀吉の逆鱗に触れたと言われる
まー仮にも主家であり、かつ重用されていましたから、やったぜ!おれさまてんかびと!とはならんだろう!


家康伊賀越え。伊賀を越えるには絶対に欠かせない人物、服部半蔵正成が居ねえ

服部正成は服部半蔵の中でもっとも有名だと思いますが、実際の記録では槍で名をはせた武将であり、
鬼半蔵と呼ばれた。家康の子秀康の切腹の時に介錯を担当したが、泣いて出来なかったなどの人情話も
あるがやっぱ武将だ。ニンジャとしての記録はほぼ無い!しかも三河生まれで伊賀に行った事があるかも
あやしいという、、それでも父保長は伊賀服部郡の上忍であったし、家康のニンジャ組織の頭領であったことは
まちがいない!

その半蔵無くして不案内の、しかも家康の命を狙う伊賀者が多いなかをこえれるわけがなかろー
(信長が伊賀の乱で伊賀を焦土としたため盟友である家康も恨まれていたという)
服部半蔵正成といえば、現代東京都民にもなじみの深い人物。皇居の半蔵門は江戸城時代
伊賀越えで功を認められた半蔵が警護についたことから半蔵門と呼ばれたからであり、
半蔵門線はそこからきてるから! 俳優当てて出しても良いくらいだと思うんだがねえ


家康の側近に本田忠勝が居る。 これは格別根拠がしっかりってことじゃーないんですがね
本田忠勝は確かに家康の信頼厚き武将です。んでも平時に控えている、かつああいう謀の場にいる
タイプではない。合戦では60余のなかでかすり傷も負わなかったとかいうけど、それはまあ武官なのです
謀略に加わるタイプではない。恐らくあれは本田正信と間違っているのでは?
本田正信は豊臣でいう石田光成。合戦がヘタで大失敗も経験し、嘲笑されたりした。
若い頃は一向一揆に加わるために家康の下を去ったりもしてる。
しかし家康関東入国辺りから第一の側近にのし上がった!だからあのシーンには必ず居るはずの人物。
光成と違い、妬まれるのを恐れ、2万2千石以上の加増を断り続けたくらい慎重で、
元の仕事が鷹匠だったこともあって(これをコーエーの本では政治家のゴルフ密談にたとえている)
盟友と家康に呼ばれたくらい!ここまで言えば居ないのがおかしいのがよくわかるね!

   
Amazonウィジェットヽ(´-`)ノ
 白髪を染めるシャンプー「螺髪EX」              せーーがーーーヽ(´-`)ノのげーむ置いてみた!
       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。