ランキング参加しましたヽ(´-`)ノ キーワード: チュキネコ冒険記 真偽不明まるい流歴史書
>mamatotto  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   

しんちょーこき 勝手に版 5巻

んではその信長の財産はどうなったんだ?  これはあたしゃ 秀吉ばぱくっていった説だと思うちょる!
この説にはムリもあるのですが、秀吉のその後はどーしても解せぬ、、、、
一般には信長の敵討ちをしたからだとか、葬儀を行ったからとかいうけども、、果たしてそんな簡単なのか?
それくらいのことで戦国武将がはいどうぞ!天下どうぞ!になるのか?たまたま先に情報を得、たまたま
近かった(そういうことになっちょる)から討てたのであり、かつ他の人だって亡き親方様の命を守り
敵と戦ってただけですから、一歩リードくらいなんじゃないの?と思ってしまう。
まあ参加が遅すぎた滝川一益はさんさんたるモノだったみたいだけども。(ほぼ無視された)

その後の勝家との戦争も、ほぼ柴田陣営はかついえゆかりのもんばかりだったと記憶しちょる、、
当時どう見えてたのかしらないが、後年私達が見るにはどう考えても秀吉が勝つだろこれという戦力差
思うにここでも秀吉のちょーりゃくがあったのでは? 普段から根回しはしてたのかもしれない。
しかし信長の財産を抑え、その金をもって恩賞、金をばら撒いた、約束してまわったのでは?
さらに他家の介入も忘れてはなりません、かつて謙信が死んだ時、養子景勝はいち早く謙信の財産を
押さえ、これが跡目争いに有利に働いたのですが、このとき武田にその金の一部を送ってます
これによって武田の介入を防いだとされます。

当時は有力大名も結構残っていましたし、毛利なんぞもその一つですが、、この毛利の話もうさんくさい、、
大体は毛利をうまくだまして中国大返しで決まり!ですよね、、まあそこはそうだったとしましても、
その後の織田家の跡目争いは他家の知るところとすれば、介入はありうる、、っていうか信長に負けて
紀伊退去を余儀なくされた本願寺とかだって黙ってなかったのでは?しかし実際は介入はなかった!
これは先んじて金とか送っていたのでは? 推理する!

これらをもって羽柴家を有利にする、、だれも金だしてくれませんわなあ、、スポンサーっていうか親分いないし
金は羽柴家が出さねばならない。弟小一郎は蓄財には熱心だったというし秀吉も出世頭だから
信長は気前良かっただろうし金はあったかもすれん!そしてそれらを自前で出したと早速自説を否定して
みても、その後のカネは?となります秀吉は天下人になってからちょー散財してたけどあのカネどこから?

なんにせよ、秀吉は三法師を推した。それは誰の目にも後見として実効支配すると見えたでしょう
しかしだんまりを決め込んだ、かつその後ドラマとかで三法師出てこない、生きてたとしても
その扱いは悪かったでしょう、いつの間にか秀吉の天下になってたし
結局秀吉は天下を掠め取ったんだ!でもみんな黙ってたんだから金の力の影響を疑わずには
いれない!
スポンサーサイト
   

しんちょーこき 勝手に版 4巻

もっとも驚くことは、これらの金の大消費を恐らく信長一代でほぼ消費し、かつ稼いで来ている事。
堺の商人を懐柔してましたが、そこにも金が掛かっていると同時に堺の商人にも一目置かれるような
商才があったのではないか?考えるのです!
使ったと思われるお金はやってきた行動から予測はできます、稼ぎ方はよくわからないけども、つまり
どうやって金調達してたの?はわかんないけども、消費するには無いと無理。いまんとこ後年の織田家は
借金まみれだったっていう話はないですよね?

そう考えていくとお金の稼ぎ方、使い方に天賦の才がありこれが一番の信長の強みで
奇抜な行動やら恐怖政治ぽい?行動なんかはオマケなんではなかったのかしら

信長が天下統一していたら、日本は商業国家になっていて今よりももっとつおい日本になっていた
という人もいます、それもあながちではないんじゃないかなーと思ってしまった。
本能寺の変の黒幕説にポルトガル宣教師説もあります。これもまた、キリスト教宣教師は植民地化
の先兵ですから、案外有力かもしれませんね。


商人王信長、、そういうとなんか坂本竜馬にも通ずるものがあるような、、、どっちも暗殺されちょるしな!
   

しんちょーこき 勝手に版 3巻

☆浪費?
信長の代名詞の一つでしょう、安土城。超絢爛豪華でほぼ城の意味合いを果たしてなかったと思われる城。
防衛の意味合いが薄いという観点からも、その調度品からも浪費に近いでしょう。
さらに茶器。信長が茶器の価値を押し上げたようにも見えますけども、一国に値する茶器もあったとか
それくらいの価値があったが、信長は茶器集めしてましたよね、豪華城おったてて、ていうか戦略上の城もだけど
さらに高額調度品集めてた。すごいかねかかったでしょう!
ちなみに信長、安土城を一般解放してたらしいのです。拝観料取ってたんですって!

☆兵器開発
鉄砲の量産化は信長も着手していましたと、秀吉が長浜で担当してたんではなかったかな。
その投資、さらに新兵器開発。鉄甲船(実際なんて呼ばれてたかはわからないけど)等です。
船に鉄を張り、大砲を積んだ船です。大河でも出てきた、、名前だけだけども、これによって毛利水軍を
打ち破ったわけですが、当時のポルトガル宣教師、オルガンティーノかルイス・フロイス辺りだった気がする
によれば、「我が国の船に近い」と評したというのを最近どっかで見た!
開発もそうですけど、実は朝鮮出兵の時これの話って出てこないような?ということは
維持費とか結構かかったのではないのかなーと想像するとこです。

☆調略
秀吉がちょーりゃくの名手であったとまー大河でもやってたし、他でもよく言われますが、
アンタ不利だよ?そう説けば簡単に下るわけではありますまい。味方に付けば領土安堵
これも代表格でしょうが、同時に味方に付けばこんな恩賞があるんだぜーー?も効果抜群であったでしょう
秀吉が仲介してても、羽柴家に取り立てるわけじゃないなら払いは織田が持つと考えられる
トップがケチならちょーりゃくはできまてん
逐一支払いが無いにしても、後で功績として恩賞がもらえるからこそのちょーりゃくではないかな

☆家臣
秀吉の朝鮮出兵の理由の候補に、家臣への恩賞の問題が挙げられてます。それだけ運営はタイヘン!
荒木村重のようになんで裏切ったのか分からんのも含めて裏切りもありましたが、おおむね順調に
織田家臣団は動いてたきがします、信長は合理主義で、譜代の臣ですら簡単にクビにしました。
林佐渡なんぞは、何十年も前の弟信行に連座して謀反を起こしたかどで追放されてます
ぶっちゃけ柴田勝家だって連座している。要は役にたたねーからクビ!ってことです
譜代の宿老であってもこれ!そんななか、戦国武将達が付いていったのは恐怖政治だからではありますまいて
やったことに対して報酬がよかった!やればちゃんと報酬くれる!現代経営者ども!聞いてるー?
   

しんちょーこき 勝手に版 2巻

信長の人生を見るとめちゃくちゃカネかかってますよね! 戦国時代を戦国と言わしめる合戦!
☆合戦
もちろん巨額のお金がかかるます、上杉謙信は各地を転戦していましたが、正義の戦いで領土が
増えませんでした。どうやってカネを捻出していたかっていうと、実は金貸しで儲けたお金だったそうです
よく言われる金山は当時産出技術が無かったといい、また謙信直轄下じゃなくて国衆のものだったという。
最大のお得意様は配下の国衆だったと!相次ぐ出兵正義の戦い、大将金融王、兵は借金まみれ!
それでも謙信はカリスマあったとかいうからまあ驚くとこですが、要は出兵とはお金がかかるということ!
その謙信にしろ、信玄にしろっていうか通常大名は1個1個合戦をしていたイメージがあります。
しかし信長は敵も多かったのもあるでしょうが多方面で戦争を同時進行してましたよね、本能寺の変の時とか
みても配下は各地で戦争してたんだし。 1大名が一つの合戦でひーひー言うてる中こんだけ戦争をできる
金を持っていたという現われではないでしょーか!

☆朝廷
大河でもやってました、官位を辞退する話。しかしこれ、別にただくれるわけじゃないですよ。
朝廷への貢献があって、それに対して官位を授けるわけです。貢献つっても日本を支配してたわけでもないし、
どうやるかっていうとぶっちゃけお金なんですねー、信長の野望なんかでは金払っていたら順次
官位くれるというシステムだったくらいです(今の信長は知らない)当時朝廷も公家も困窮してましたし、
公家はまあイメージどおりだろうし、、だから朝廷に寄与って言ったって朝廷に金送れば良いってモンでも
なかったでしょー、公家、三条とかね!ああいう手合いの推挙もいるでしょう、その為にも金です。
断ったのてどの位だったっけ、右大臣? なんか忘れたけど相当高い官位だったような気がする。
通常言われるような貢献だってお金なくしては出来ない、かつとっかかり(光秀の紹介とかあったかもしれんが)
だってお金がいる、大量のお金を費やしたに違いない!
   

しんちょーこき 勝手に版 1巻

信長公記ってのがあるから名づけてみただけ!
信長は天才だったのはまつがい無い! しかし一般で言われているような奇抜なとこや、軍の強さではなく、
真の信長の才能は、

※お金を使う力とお金を貯める力※

ではなかったのか?そう思おちょります。そもそも信長軍の勝率は高くないといいます。勝った数も
多かろうが負けた数も多い、戦上手なら信玄や謙信が上ですよね!

信長はお金持ちな大名の生まれと言います。父信秀は統治の才があり、商業中心の政治を行っていて
割合裕福であったと、、後年信長が商業重視な統治を行ったのも信秀の影響だとか。
ちなみに信長が天下統一したら商業国家になっていただろうという説を唱える人もいました。
信長の政治手腕は楽市楽座等に代表されますが、秀吉は単にこれを真似ただけだという、、
太閤なんぞ大仰な名前をつけてた検地、刀狩等は元々は信長の政策らしいですな、まさにサルマネ!

あたしゃ信長金持ち説とカネの力進軍説を採用したい!だれかもう考えてそうだけども、
それを見たわけじゃないのでまるいオリジナル説とする! 
信長は軍略に特に才があったわけじゃなかったとして、それでも勝って行ったのはカネ!
古い考えの徴兵じゃなくて人を雇っていたと書いてる人は見かけた!それだけじゃなく、、軍備もまたそれ。
鉄砲、、1543年にポルトガル船が種子島に漂着、この時初めて鉄砲が日本にもたらされたと。
別途日本最古の鉄砲入手は忍者である説もあるが、とりあえず置いといて!
この時種子島時尭は鉄砲を二丁購入したという、1丁自分で1丁献上だったのかもだが、たったの2丁です。
この鉄砲を元に国産化を進めたとときたかの列伝を見たら書いてるわー。
国産化を進めるのにたったの2丁! 話それたような気もするが、2丁しか買わなかったのではなく
買えなかった、と言われています、そんだけべらっぼーーーに高価なシロモノでした。

信長が斉藤道三と会った時の芝居じみた話は有名ですが、この時(1550年くらいなんじゃないかなあ)
信長が連れていた鉄砲隊は500丁の鉄砲を所有していたと、朱槍なども挙げられていたが、この鉄砲の
数こそ信長金持ち説の最初の例ではないでしょーか
   
Amazonウィジェットヽ(´-`)ノ
 白髪を染めるシャンプー「螺髪EX」              せーーがーーーヽ(´-`)ノのげーむ置いてみた!
       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。